ピアノ教室の特徴とレッスン方法について

自分の子供をピアノ教室に通わせたいと考える人は多いでしょう。理由として、幅広い教養を身につけてほしい、自分自身も習っていたから子供にもやらせたい、小さい頃から音楽を習うと絶対音感がつくなどあります。そこで、ピアノ教室を選ぶコツや、毎回のレッスン方法などをご紹介します。子供の性格ややる気などにより、ピアノ教室がその子に合うか合わないか、また、長く続けられるか続けられないかが変わってきます。何か習い事をやる事によって、子供が何かに向かって頑張る事や、困難を乗り越えるといった経験ができます。また、人前に出て練習の成果を発表する場があると、内気な性格だった子が前向きになったり、積極的に行動できるようになったりし、成長にもつながるのでピアノはそのような意味でもおすすめです。

ピアノ教室の特徴と選び方について

まず、一般的なピアノ教室は個人レッスンを行います。使用する譜面は、それぞれの教室が作った独自のものか、または外部から発注したものですが、いずれにしても教育プログラムのようなものがあり、決められたものから順番に練習していきます。レッスン時間は年齢やレベルによって異なりますが、小さな子供は大体30分、小学生以上は1時間または1時間半と決められています。決まった時間にピアノ教室へ行き、自分のレッスン時間が来るまでは前の生徒が終わるのを待機し、前の生徒のレッスンが終わり次第、教室に入るのが一般的です。よって、その日のレッスンの出来が悪く、時間がかかってしまったとしても、レッスン時間を延長する事はできません。そのような事を踏まえ、教室選びをする時は、レッスン時間やスケジュールなどもよく考えましょう。

レッスン方法で楽しく続けられるかが決まる

レッスンをすることで、子供の音楽への興味を引き出すことができれば長く続けられる趣味になるかもしれません。しかし、あまりピアノに興味を示さない子供に対し、何でもかんでも注意ばかりするようなレッスンを受けさせてしまうと、嫌になってしまいすぐにやめてしまいます。ピアノが好きかどうかまだわからないような子供には、子供の感性を育てるようなレッスンができる先生を見つけるべきです。譜面通りに音を出せるようになる練習は正直、誰でもできます。しかし、曲を通して何かを表現するという事は、子供が先生に心を開き、自分がどのように演奏したいかを考え、意見を言えるようにならなければ上達は見込めません。教育熱心な親御さんは厳しい先生を希望するかもしれませんが、子供が楽しめる事を前提にピアノ教室や先生を選びましょう。