自分が習ってみたいピアノ教室のカリキュラム

ピアノの美しい音色を奏でるのは誰しもがあこがれることです。子供の頃に習っていたが途中でやめてしまったので、再挑戦したいという人も少なくありません。好きな曲を弾いてみたいという人もいます。中には披露宴やパーティーの出し物など人前で披露するために習う人もいます。大人になってからピアノを習う場合、どんなカリキュラムかはとても大切なポイントです。それによりモチベーションを保つことができるからです。大人の場合、反復練習が続くと容易に飽きてしまいます。社会人であれば練習時間をたくさんとることはできません。簡単でありながら、達成感を感じられるようなレッスンなら続けやすくなります。楽しみながら続けられるような、習ってみたいカリキュラムとはどんなものでしょうか。

好きな曲が弾けるようになるカリキュラム

習ってみたいピアノ教室のカリキュラムとしてダントツに上げられるのは、好きな曲をマスターできるコースです。好きなアーティストやお気に入りの曲であるなら、メロディーがすでに頭に入っているため楽しみながらマスターできます。美しく弾くために欠かせない強弱や表現力も発揮しやすいに違いありません。ピアノ上達のポイントはとにかく練習することです。好きな曲なら、何度練習しても飽きることはありません。一曲を完璧にマスターできたなら、次の曲にも挑戦したいと思うようになります。ピアノが複数あるピアノ教室だと先生のお手本を聞きながら練習することができます。大人になってから始める場合、最初は楽譜を読むことに戸惑いを感じるに違いありません。すでに知っている曲の場合完璧に楽譜が読めなくても、弾けるというメリットもあります。

ジャズピアノをマスターできるカリキュラム

習ってみたいカリキュラムとしてジャズピアノも人気があります。ピアノを子どもの頃から習った経験のある人のほとんどはクラシックです。クラシックピアノとジャズピアノは全く別の物であるため、自力でマスターすることは簡単ではありません。楽譜が読めたとしても、その通りに弾くだけでは足りません。当然ジャズ風には弾けるかもしれません。ジャズ独特のリズムや流れは、どうしても専門家の手ほどきが必要です。ジャズピアノをマスターできるカリキュラムなら、あこがれのジャズをそれなりに弾けるようになります。本や動画では決して学ぶことができない技法をピアノ教室で習うことが可能です。少し習うだけで、スキルアップすることができます。プロに習うことでアレンジさえできるようになります。