自分が習ってみたいピアノ教室の先生のタイプ

子どもに限らず、大人になっても習いたいと思う人気の習い事の一つに、ピアノがあげられます。幼いころに習っていてまた習いたくなった、ピアニストを実際に見て自分もやってみたくなった、などその理由は様々です。幸運なことに習いに行ける時間が取れそうだとなったとき、悩むのはピアノ教室。どこで習おうかの決め手になるのは、ピアノ教室の先生との相性ではないでしょうか。先生も人間ですので、実に様々なタイプの先生がいます。優しい性格の先生であったり、逆にあえて厳しく接する先生もいます。学歴、コンクールでの受賞経験や、長年の実務経験などもそれぞれ違いますし、長く習い続けないと見えてこない特徴といったものもあります。初めて行ったところで自分と相性のいい先生に出会えたら、とても嬉しいですね。

ピアノ教室の先生のタイプにはどのようなものがあるか

先生の性格が優しいというのは、習う生徒にとって、また生徒が子どもの場合にはその保護者にとっても安心です。しかしここで注意しなければならないのは、ただ優しいだけではいけないということです。お金を払って習うからには、それなりの成果が求められます。ピアノは家に帰ってからの練習が必要な習い事です。先生が優しいから怒らない。だから練習を少しくらいサボっても大丈夫という思考になってしまうと、なかなか上達しません。逆にこの先生は厳しくて嫌だなという先生がいたら、怒られるのが嫌だから練習していかなければならないという思考になり、結果として上達することがあります。自分が趣味程度にゆるく長く続けていきたいのか、コンクールで優勝するほどの実力をつけたいのか目的をはっきりすることで、求めている先生のタイプが見えてくるのではないでしょうか。

個人と大手企業。ピアノ教室の先生のタイプの違い

ピアノ教室には、個人の自宅で開業している先生と大手企業が開いている教室に所属している先生がいます。教室に習いにいくとして、何か違いはあったりするのでしょうか。結論として、運営方法や指針といった細かな違いはありますが、どちらの先生も共通して抱いている思いは生徒一人一人が楽しくピアノを演奏し、上達していくことです。そのためには自分の持っている技術の全てをぶつけてくれますし、どうやったらわかりやすく教えることができるか日々勉強しています。そのような点を考えると、個人の教室でも大手企業の教室でも大きな違いはないと言えるでしょう。失敗しないためには、自分の求めている先生のタイプ像をはっきり持つことと、無料レッスン体験会のような教室にいくつか通ってみて一番居心地のよい教室を選ぶようにしましょう。